トップ / 奥州市の観光スポットは

奥州市の観光スポットは

奥州市のみどころは

岩手県奥州市の見どころとは

岩手県奥州市の観光スポットは様々な場所があり、季節ごとにイベントや美しい景色を楽しむ事ができます。奥州市には重要文化財が安置された寺社が多く存在していて、それぞれに見どころが存在します。黒石寺は本尊の薬師如来坐像をはじめ、四天王立像や慈覚大師像などの国指定の重要文化財が多数ある天台宗の寺院です。毎年旧暦の正月7日に黒石寺蘇民祭が行われます。蘇民祭は、岩手県を中心として日本各地に伝わる1000年以上の歴史を持つ裸祭りで、日本三大奇祭の一つにも数えられています。他にも、総門・本堂・庫裡が国指定の重要文化財に指定され正法寺は、本堂の茅葺屋根は日本最大級とい言われており見る者を圧倒する迫力です。予約を入れておけば、座禅体験も受けられます。風景を楽しみたい時、春から初夏にかけては阿原山牧野がおすすめです。5月下旬から6月上旬にかけては、満開に咲いたツツジの群生が見られます。さらに頂上には宮沢賢治の歌碑があり、北上山地や奥羽山脈の連山などを一望する事が可能です。宮沢賢治つながりならば、種山ヶ原にも碑が建立されていて、物見山や立石から北上平野や周囲の山々を見渡す事ができます。高原の中央付近に整備された施設「種山高原星座の森」は、初夏から秋の終わりまで営業を続けています。

↑PAGE TOP